[Chest114] スギハラコータローのブログ。
LINKS



09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< レインウェア | main | WATERSHED防水の秘密 その2 >>
WATERSHED防水の秘密 その1

 

 

 

現在注文受付中のWATERSHEDのバッグの防水性能の秘密をご紹介。

 

なんで世界最高水準の防水性がだせるのか?

 

それには3つの秘密が有りまして。

 

その1は、WATERSHEDの特徴でもあります…

 

ZipDry Closure

 

 

 

 

これは写真でみてもらっても分かるとおり開口部が、食品保存用パウチのジッパー的なデザインになっております。

 

これをしっかり閉じてやると…

 

 

 

 

こんな感じでぴっちり閉まって防水性能をキープするわけです。

 

これをしっかり閉めてしまえば…

 

水深100mの水圧にも耐えちゃうという優れもの。

 

それだけ強力な密閉性能だから…

 

空気が入った状態で密閉すると、最強の浮き袋になっちゃうわけです!

 

これも優れた防水バッグならではの特徴ですね。

 

しかし、それほどの密閉性能があるZip Dry Closureが簡単に引っ張って開くわけでもなく…

 

無理に開けようとしてしまうと…

 

破損の原因になっちゃいます。

 

絶対無理に開けないでくださいね!

 

以下の開け方説明をよ〜く見て覚えておいてくださいね。

 

難しくないので一度開けると後は余裕です。

 

ポイントとなる開け方は、

 

 

 

 

まずは、こうやって左右のベロに親指を通して持つ。

(別に親指を通さなくてもOKです。)

 

そして…

 

 

 

 

こうやって、右手を手前に左手を奥へ押すと写真のような逆S字状態になります。

 

まぁ〜ベロとベロが横並びぐらいになるように持ってきたらOK。

 

そしてそこまできたら、矢印の方向にひっぱる!

 

そうすると…

 

 

 

 

パッカ〜ン!

 

 

と開くわけです。

 

どうですか?

 

めっちゃ簡単でしょう?

 

 

といっても、通常の釣りでしっかり閉めるのが面倒な方は、物をドカドカ放り込んで折り曲げておしまい(笑)

 

これでも十分に上からの雨ぐらいなら防いでくれます。

 

いっぱい入った状態だと折り曲げても戻ってきたりするので、折り曲げた状態でバックルを止めちゃえば大丈夫。

 

こんな気軽な使い方でも十分防水性能を発揮しちゃう…

 

The ミルスペック!

 

的なバッグがWATERSHEDのバッグなんですね〜。

 

※ZipDry Closure部に定期的に303 エアロスペース プロテクタントを塗布することでZipDry Closureの快適性が長続きします。

 


その2に続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| WATERSHED×Chest114 | 13:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:46 | - | - |